k the musicgirl

ktmg.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

エブリワニズゲイ

こんにちは。GU VOの者です。みなさんお元気でしょうか?前回のライブが終わってもう一月以上経ち,目立った活動のないk the musicgirlですが,今年中にレコーディングをしようと思って今準備(の準備の準備の…)中!です。今日は自転車で西の方に行ってきました。僕が免許を取った自動車学校(シャコウと読むんだって)の前,のつもりで通りかかった場所が,いきなり新しいお店で,母校は潰れていました。ちょっと前にはあったのにね。自動車学校跡地を自転車で走る卒業生…。そりゃ潰れるか…。僕のせいだよ。

ところで,NirvanaのアンプラグドのDVDが出ましたよ。商売根性丸出しのタイミングと特典(卓上カレンダーの1,2月分。多分他の月は紙ジャケ再発されたアルバムとかに封入,sucks!確認する気にもなれないので違ったらごめんなさい)にはうんざりしながらもまあメデタイ。彼らの作品の中で一番好きなものなので,チビチビ何回も見ています。リハの模様とかが見れるのも興味深かったです。

僕はライブ盤があまり好きじゃないのですが,例外的に好きなライブアルバムもあるにはあって,これはその筆頭の一つです。素晴らしい作品だと思います。コベイン!?さんが死んでいなければもっと素直な気持ちで見ることができようものですが,見ていて何となくいやな気持ちになることがあります。何にしても死ぬのはナシです。反則です。と書こうと思ったら販促と先に変換されましたが,確かに販促で,つまり「没後10年」「生誕40周年」記念だのと,さっきも言いましたが商魂たくましい最も憎むべきYATSURAの思うツボな現象が当時から現在まで続いているってわけです。誰かさんに生まれ変わりだって言い張られる恥辱を受けたりするのも死んだりするからです。

しかしコベインさんのそういうウカツなところや,珠にキズ的な性格の悪さは,攻撃的で繊細な楽曲の,バランスの源だとも思うので致し方ない。この作品を録音した頃には,「これまでのようなラウドな音楽を一生できるとは思わない」みたいなことや「音楽に情熱がイマイチ」みたいなことをポロリと言ったりしてます。おい…。で,その有言実行が,「静か」で「カバー曲の多い」この作品なのですが,こういう,状況をコンセプトに反映させるようなやり方は実は正解で,結果としてとても自然な感じで楽曲と彼らの雰囲気がマッチしています。

我田引水,我々Kもこういう造りで曲を作っているところがあって,自分達の実テンションに沿ってゴロゴロやっていると良い感じで形になります。喜怒哀楽や暮らしの紆余曲折に沿って,おのずバリエーションも出ます。もっとも,活動まで気ままというのはさすがにヒドイのでは,という声もあります…。ガンバリです,いや,ます。ミャンマーには行きません。あの名前,気になるけど目だった突っ込みがないのが更に気になるな。
[PR]
by kthemusicgirl | 2007-11-24 15:46 | YASUSHI Okada
line

広島在住「音響グランジ(?)」バンド、k the musicgirlの日記


by kthemusicgirl
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite