k the musicgirl

ktmg.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

盆ですね。

暑い日中に比べ、日が落ちると若干の温さを含んだ冷気も漂う、
結構心地良い時期になりました。



十年ぶりに耕三寺に行ってきました。
当時は祖父母の旅行に付いていって、ちょっと寄る程度でしたが、今回は十分堪能。

広島から電車で一時間半、そこからフェリーで30分程揺られて着いた島にあります。
e0093140_21482155.jpg
e0093140_2148511.jpg
e0093140_21472353.jpg
e0093140_21464168.jpg
e0093140_21461211.jpg
e0093140_21455988.jpg
e0093140_21454846.jpg
e0093140_21453677.jpg
e0093140_21452421.jpg
e0093140_21451014.jpg





溢れ返る色彩と、禍々しくも鮮烈でユーモラスな世界観に現実を忘れました。
突然の雨に避難した喫茶店で傘貸してもらったり、行きのフェリーでフェレットと戯れたり、一切の嫌味がないオープンな人情に触れた事も凄く印象深いです。
[PR]
by kthemusicgirl | 2010-08-15 21:55 | AYUMU Tokuoka

森友嵐士さん。


e0093140_6571557.jpg



相変わらず歌い手シリーズです。

8月14日に森友嵐士氏のライブが広島クラブクアトロである。
一番最初に買ったシングルCDがT-BOLANで、そこから今でもイントロだけで体が反応するくらい聴き続けたんですが、最近の若い子はどれだけ知ってるんだろうか・・・





「bye for now」は名曲。大サビが2つ、メロが1つの激しく変則的な編成を曲構成で違和感無く、かつ適度にフックを効かせてます。当時もちょっと違和感はあったけど、改めてこの歳で解析してみるとこんな曲作れないです。





閑話休題、T-BOLAN全盛時に声を失ってから、復活まで14年。
14年は本当に長い。しかしながら何気なく過ごしてしまう時間はとても短く感じるもので、何気なく停止してしまった事に対して、思い出して再開した。気がついたら14年経っていたというのなら、実はそれほど長くないのかも知れない。しかし森友氏のように自分の歌声を取り戻す為に14年間闘い続けてきたというのは別次元であり、もう想像を絶する領域のように思えます。僕は当然T-BOLAN時代の曲も大いに期待してライブに行くのですが、再び取り戻された声を受け止めにいく様な心構えでもあります。ミュージシャンとしてもだけども、やっぱり人として敬意を表さずにいられないですね。

14年ぶりの新曲も、もはやT-BOLANの新曲というか。
余りの作風の変わらなさには潔さと芯の強さを感じて、心を揺さぶられました。





大好きな曲は沢山有るけど、「じれったい愛」「Bye For Now」「おさえきれないこの気持ち」あたりは聴きたいなあ・・・
[PR]
by kthemusicgirl | 2010-08-04 06:57 | AYUMU Tokuoka
line

広島在住「音響グランジ(?)」バンド、k the musicgirlの日記


by kthemusicgirl
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite